IT×サッカー!!イジゲンと大分トリニータがパートナーに。

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

大分のスタートアップ、イジゲンとサッカーJ3リーグに所属する大分トリニータがパートナーとなった。「ゲーミフィケーション」を用いた顧客創造/地域活性化サービスを開始する。

 まち歩きサービス「AIRPO(エアポ)」を運営するイジゲンは、大分トリニータとパートナーシップを結び、「ゲーミフィケーション」を用い、顧客の創造と顧客ロイヤリティの向上を目的としたWebサービス「トリニータ アンバサダー(Trinita Ambassador)」を開始する。

 

ゲーミフィケーションとは

楽しみながら、人を熱中させるゲームのメソッドをゲーム以外の分野に応用し、ユーザーを引きつけて、行動を活発化をはかる手法のことをいう。代表的なケースとしてGoogleのingressがある。

 

イジゲン×トリニータ

 

今回のパートナーシップのテーマは「Bring Change to Oita」(大分に変化をもたらす)。

地方のプロサッカークラブとITベンチャーが共同で行う、これまで日本では見られなかった地域活性化の取り組みだ。

2016年のシーズンをJ3で戦う地方のプロサッカークラブのトリニータが、ITベンチャー企業であるイジゲンと組み、トリニータをもっと愛せるような取り組みや、スタジアム内で楽しめる環境づくりを行い「Bring Change to Oita」のテーマのもと、地域活性化を目指す。

 

サービス名 トリニータ アンバサダー(Trinita Ambassador)

 

トリニータ アンバサダーは、大分トリニータを応援するサポーターシステムだ。

アンバサダー=ユーザーは大分トリニータの広報大使としてチームのPR。 活動をする毎にポイント がたまり、ユーザーのアンバサダーランクが上がる。アンバサダーランクは、 C級アンバサダー(Lv.1) から始まり、 友だちを招待や、アンケートの回答、試合会場に三参加することにより、レベルアップする。 レベルが上がることにより、特典を得ることができる仕組みだ。またイジゲンが運営するということで当然AIPOとの連携もある。

img_ranking-54c003536d87f037e7bab046886c3e1ac4543fcd1c4306203af5eeda86c760a5

ユーザーはランクアップそのものと特典によりインセンティブが働き、積極的にトリニータをサポートするようになる。そうするとゲーミフィケーションがもたらす正のスパイラルがうまれ、トリニータを中心に盛り上がりができる。

 

 

J3のトリニータがこのような取り組みを始めるということは興味深い。ITの力でプロスポーツチームが強くなるということがあり得るのか。結果がでるまでに時間はかかるだろうが、楽しみだ。

 

 

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 皆さまはFukuoka Growth Nextにある福岡市雇用労働相談センター(FECC)をご存知で…
  2. 福岡県では地域の強みを生かした、また課題を解決する新しいビジネスの創出を目指す地域内外の創業希望者を…
  3. 福岡県主催の「福岡県オープンイノベーションプログラム」が開催される。全国各地どこの企業からも応募可能…
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP