IT×サッカー!!イジゲンと大分トリニータがパートナーに。

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

大分のスタートアップ、イジゲンとサッカーJ3リーグに所属する大分トリニータがパートナーとなった。「ゲーミフィケーション」を用いた顧客創造/地域活性化サービスを開始する。

 まち歩きサービス「AIRPO(エアポ)」を運営するイジゲンは、大分トリニータとパートナーシップを結び、「ゲーミフィケーション」を用い、顧客の創造と顧客ロイヤリティの向上を目的としたWebサービス「トリニータ アンバサダー(Trinita Ambassador)」を開始する。

 

ゲーミフィケーションとは

楽しみながら、人を熱中させるゲームのメソッドをゲーム以外の分野に応用し、ユーザーを引きつけて、行動を活発化をはかる手法のことをいう。代表的なケースとしてGoogleのingressがある。

 

イジゲン×トリニータ

 

今回のパートナーシップのテーマは「Bring Change to Oita」(大分に変化をもたらす)。

地方のプロサッカークラブとITベンチャーが共同で行う、これまで日本では見られなかった地域活性化の取り組みだ。

2016年のシーズンをJ3で戦う地方のプロサッカークラブのトリニータが、ITベンチャー企業であるイジゲンと組み、トリニータをもっと愛せるような取り組みや、スタジアム内で楽しめる環境づくりを行い「Bring Change to Oita」のテーマのもと、地域活性化を目指す。

 

サービス名 トリニータ アンバサダー(Trinita Ambassador)

 

トリニータ アンバサダーは、大分トリニータを応援するサポーターシステムだ。

アンバサダー=ユーザーは大分トリニータの広報大使としてチームのPR。 活動をする毎にポイント がたまり、ユーザーのアンバサダーランクが上がる。アンバサダーランクは、 C級アンバサダー(Lv.1) から始まり、 友だちを招待や、アンケートの回答、試合会場に三参加することにより、レベルアップする。 レベルが上がることにより、特典を得ることができる仕組みだ。またイジゲンが運営するということで当然AIPOとの連携もある。

img_ranking-54c003536d87f037e7bab046886c3e1ac4543fcd1c4306203af5eeda86c760a5

ユーザーはランクアップそのものと特典によりインセンティブが働き、積極的にトリニータをサポートするようになる。そうするとゲーミフィケーションがもたらす正のスパイラルがうまれ、トリニータを中心に盛り上がりができる。

 

 

J3のトリニータがこのような取り組みを始めるということは興味深い。ITの力でプロスポーツチームが強くなるということがあり得るのか。結果がでるまでに時間はかかるだろうが、楽しみだ。

 

 

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 静岡鉄道株式会社(本社:静岡市葵区鷹匠、代表取締役社長:今田智久)、静岡ガス株式会社(本社:静岡市駿…
  2. 福岡を拠点に活動しているスタートアップ支援組織、一般社団法人Startup GoGo(代表理事 …
  3. 九州工業大学は、北九州市とともに文部科学省の地域イノベーション・エコシステム形成プログラムの採択を受…
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP