main

多言語 Web 版ガイドブック「GuidebooQ」が無料で使える熊本地震復興支援キャンペーン

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

91 カ国語対応 Web 版ガイドブックが簡単に作成出来る Web サービス(多言語プラットフォーム)「GuidebooQ(ガイドブック)」を運営するプランシャルは、今回この「GuidebooQ」を使って、熊本県・大分県の観光インバウンドの活性化を図る「熊本・大分 復興支援キ ャンペーン」を新しく立ち上げた。

今回のキャンペーンでは、地域限定として熊本県・大分県において観光業に、30ヶ国語を自由に選択して利用できるスタンダードプラン(年額 9,800 円)を無料で提供する。観光スポット、店舗情報、地元民しか知らないローカルスポットなど様々な熊本、大分の魅力を発信し、日本国内だけではなく世界中からたくさんの人々に訪問してもらえるツールとしての利用を促している。

 

GuidebooQとは?

「GuidebooQ(ガイドブック)」は、世界 200 以上の国と地域で使われる 91 カ国語それぞれのインターネット検索に適した翻訳ページを生成するサービス。まず世界に向けて発信したい店舗情報などを日本語で入力し、次に翻訳したい言語を選択、 最後に翻訳方法(機械翻訳と人力翻訳のどちらかを選択)を選ぶ、この 3 ステップで翻訳が完結、10 分ほどの作業で誰でも簡単に様々な国の旅行者に受け入れてもらえるスタイリッシュな Web ページが完成する。

 sub1

ホームページに設定した料理メニュー、施設情報、サービス内容などを、ターゲッ トとなる国と地域のニーズに合わせてカスタマ イズしたりすることも可能。そして「GuidebooQ」で作成した 多言語ホームページは、91 カ国語のインターネット検索に最適化されているため、世界中の多くの旅行者にリーチできる。

 

 

キャンペーン特設HP:

http://inc.plucial.com/ja/event/revival_notice.html

 

キャンペーン実施の背景 

今年 4 月に発生した熊本地震で震源となった熊本県・大分県では、地震発生後、観光ツアーのキャンセルが相次ぎ、観光客 が激減し大変な痛手を負った。震災から4ヵ月以上が過ぎ、復旧・復興が取り行われ、営業を再開する宿泊施設や店舗が 増えてきている状況ではあるが、観光インバウンドに関しては厳しい現状がある。特に、震災による被害がそれほど大きくなく、十分に観光客を受け入れることが出来る旅館や観光スポットにおいても未だ観光客が来ないという問題を抱えている。

 多くのホームページは、外国旅行者に向けて情報を発信出来ておらず、日本語で行きたい場所を検索できない外国人旅行者は、有名な観光地や美味しいお店、地元民しか知らない穴場スポットなど、母国語で検索できることにより深い日本に触れ合えるガイドブックを必要としている。

 Web 版ガイドブック「GuidebooQ」は、91カ国語の言語の翻訳ページを作成することが出来るサービス。 「GuidebooQ」を公開することで、その国のその言語に最適な情報を、その国の人が見ることが可能となる。 

 

【キャンペーン概要】 

  • 対象:熊本県、大分県に店舗を持つ方
  • キャンペーン期間(申込み期間):2016 年 9 月 7 日~12 月 31 日
  • 無料期間:「GuidebooQ」で店舗ページ作成した日から、スタンダードプラン(※)年間 9,800 円プランが 1 年間無料となります。
  • ご利用できる言語:日本語を除いた 90 カ国語の中から30 ヶ国語をご自由に選択できます。
  • 申込み方法:特別な申し込みは必要ありません。店舗の住所が熊本県と大分県であれば自動的にスタンダードプラン(1 年)が割り当てられます。
  • キャンペーン特設ページ: http://inc.plucial.com/ja/event/revival_notice.html

ホームページに設定した料理メニュー、施設情報、サービス内容などを、ターゲッ トとなる国と地域のニーズに合わせて並べ替えたり、表示・非表示を自由にカスタマ イズしたりすることも可能。そして、「GuidebooQ」で作成した 多言語ホームページは、91 カ国語のインターネット検索に最適化されているため、世界中の多くの旅行者にリーチできる。

 

「GuidebooQ」マニュアル動画 

 GuidebooQ manual

 

 GuidebooQ の良さ 

 sub2

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. thepitch1
    一般社団法人StartupGoGo(代表 岸原稔泰 福岡市中央区 以下:StartupGoGo)は、…
  2. 2017071002-01-2
    福岡市が新たに始めたスタートアップのアクセラレーションプログラム、「FukuokaStartupSc…
  3. 19756538_374420432972921_7457285278735978622_n
    オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labから早速協業事例が生まれた。タダコピで大学生とのネ…
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP