20160620-corp01

マネーフォワード、「MFクラウド地方創生プロジェクト」を始動、 第一弾として長崎県松浦商工会議所および北九州市との取り組みを開始 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

現在の人口減少の局面おいて、特に地方の急速な人口減少と労働力不足は、地域経済に大きな影響をもたらしている商工会議所への相談内容は、起業よりも廃業が上回る結果となり、地域経済の重要な担い手である中小企業の減少が、地域経済の縮小の一因となっている。

フィンテックのトップランナーであるマネーフォワードは、地域における中小企業の生産性向上や創業企業の増加による雇用創出を目指し、「MFクラウド地方創生プロジェクト」(以下、本プロジェクト」)を開始した。

本プロジェクトの第一弾として、長崎県松浦商工会議所および福岡県北九州市と提携をいたしました。

 

本プロジェクトが提供するソリューション

中小企業における生産性の向上と経営改善

企業におけるバックオフィス業務の効率化や生産性の向上に貢献。これにより、地域の中小企業は、本業に集中できる環境作りが整い、新たな販路開拓や新規事業の立ち上げなど、ビジネスの拡大につながる活動に注力することができる。

また、商工会議所や会計事務所などによる経営アドバイスを行う際、クラウド会計のリアルタイム性、見える化による利点を利用する。

地域における雇用の創出と人口流入

起業しやすい環境作りを構築し、企業数増加を目指す。『MFクラウドシリーズ』を活用した創業セミナーの共催や『MFクラウドシリーズ』の導入支援などを行う。

 

具体的な取り組みについて

20160620-corp04

松浦商工会議所からのコメント

当市においては、人口減少に加え、都市部への若者流出がより一層顕著化し人手不足状況が目立ち始めています。また零細企業においては、販売業務等に注力するあまり、経理業務がおろそかになり、正確な数値を基にした経営全体の見つめ直しができない状況が続いています。本取り組みをきっかけに、本課題を解決するためにクラウド型会計の導入を進め、リアルタイムでの財務状況を基にした、松浦商工会議所による伴走型支援を強化していきたいと考えています。

北九州市からのコメント

本市では、北九州市新成長戦略のもと、産学金官が連携した起業支援コミュニティ「北九州スタートアップネットワークの会」の創設や、全国の先駆けとなるリノベーションまちづくり等さまざまな施策を通し、「日本一起業しやすいまち」の実現向けた取組みを進めています。地元企業にクラウドサービスが普及することによって、バックオフィス業務の効率化=生産性の向上にとどまらず、事業基盤の安定と将来の飛躍につながるものと期待しています。

 

松浦市は人口2万5千人。人口減少ペースも早い。産業としては漁業が盛んであり、商業集積地とは距離は離れている。そのような土地の活性化にスタートアップのサービスが最初に導入されたということが興味深い。この取り組みが今後どのような成果を挙げていくか注目していきたい。

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. thepitch1
    一般社団法人StartupGoGo(代表 岸原稔泰 福岡市中央区 以下:StartupGoGo)は、…
  2. 2017071002-01-2
    福岡市が新たに始めたスタートアップのアクセラレーションプログラム、「FukuokaStartupSc…
  3. 19756538_374420432972921_7457285278735978622_n
    オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labから早速協業事例が生まれた。タダコピで大学生とのネ…
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP