main

行政情報アプリ「マチイロ」がふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」と連携開始

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ホープは、日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクと連携し、2016年12月5日より、行政情報アプリ「マチイロ」に新たなコンテツとして、「ふるさとチョイス」サイト内に掲載されている、ふるさと納税に関する情報公開スタートした。

 

マチイロ

自治体が発行する広報紙やホームページの新着情報をスマホやタブレットで読むことができるスマートフォン向けアプリ「マチイロ」は、2014年7月のサービス開始以降、2016年11月末時点で、約450自治体が導入。配信中の広報紙は500件、配信中の新着情報は1,200自治体、累計ダウンロード数は160,000件を超え、自治体とユーザーをつなぐアプリとして、ユーザーを増やしている。

 

ふるさと納税

近年、自治体によるふるさと納税制度の積極的な活用や寄附を通じて地域を応援するコンセプトに注目が集まり、全国の納税者からの関心が高まっている。2015年度においては、全国の自治体のふるさと納税受入額は約1,653億円(前年比約4.3倍)、受入件数は約726万件(前年比約3.8倍)と、ふるさと納税が開始された2008年度と比較すると、受入額は約20倍、受入件数は約135倍であり、ふるさと納税により、全国に「お金」や「もの」、「人」、「情報」が循環している状況がある

 

ふるさとチョイス

ホープは、トラストバンクが企画・運営する、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」(https://www.furusato-tax.jp/)と連携し、ふるさと納税に関する情報提供を「マチイロ」内でスタート。「ふるさとチョイス」サイト内の「自治体からの最新情報」は、各自治体から最新のお礼の品の情報等が紹介されており、自治体情報を幅広く取り扱う「マチイロ」との親和性も高く、既存ユーザーの満足度を高める新たなコンテンツとなると見込んでいる。

 

連携内容

 トラストバンクが企画・運営する「ふるさとチョイス」に掲載される「自治体からの最新情報」を、RSS技術を使って、「マチイロ」内に取り込み、おすすめ広報紙のピックアップや自治体に関する各種情報を配信している「イロイロ」に掲載し、新たなコンテンツとしてユーザーへ配信。

  

■アプリ「マチイロ」概要

名称 : マチイロ

カテゴリ : ブック、ニュース

配信価格 : 無料

iOS版 : http://itunes.apple.com/jp/app/id855062660

Android版 : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi

Kindle版 : http://www.amazon.co.jp/gp/mas/dl/android?asin=B01A8N0JIG

推奨OS : Android 4.0.3以上、iOS 8.0以上

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 20170525_kanpai(2___2ページ)
    株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)傘下の株式会社福岡銀行(福岡銀行)と、iBan…
  2. 18492753_1328792857210885_2065572313_n
    昨年12月から行ってきた西鉄オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labのファイナリストプラン…
  3. colab_logo_fixed-02
    一般社団法人StartupGoGo(福岡市中央区 代表理事:岸原稔泰と西日本鉄道㈱では、平成28年1…
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP