話題の“消える系SNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ジャストシステムは、『エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査』の結果を発表した。スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女2,212名が対象。

 

“エフェメラル(消える系)SNS”の認知率は、20代では約5割、30代では約4割

投稿したメッセージや動画などが一定時間を経過すると消えてしまう「消える系(エフェメラル:はかない)SNS」について、42.0%の人が「知っている」と答えた。認知率を年代別に見ると、20代が48.7%と最も多く、次いで30代が38.3%、40代が35.9%。

 

話題の“エフェメラルSNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く  

前回調査(2016年3月調査)では、エフェメラルSNSの利用率1位は「Snapchat」だったが、今回実施の調査では「Snapchat」に代わり、「SNOW」が1位となった(56.1%)。今回、「Snapchat」の利用率は53.5%。

 

4割以上が“エフェメラルSNS”をほぼ毎日利用

エフェメラルSNS利用者のうち、42.0%が「ほぼ毎日利用している」と答えた。年代別に見ると、特に20代は47.5%とほぼ半分近く、30代でも37.8%と4割近くがほぼ毎日利用している。

              

7割以上が、自分で撮影した“エフェメラルSNS”のスクリーンショットを他SNSへ投稿

エフェメラルSNSアプリで自分が撮影した写真を「ほぼ毎回、他のSNSに投稿している」人は38.9%、「写真の内容によって、他のSNSに投稿することもある」人は32.5%で、合わせて71.4%がエフェメラルSNSアプリで撮影したにもかかわらず、他SNSにも投稿していることがわかった。

 

「Snapchat」利用者の約3割が「Instagram Stories」に乗り換え検討

「Snapchat」利用者のうち、27.4%が「Instagram Stories」、25.0%が「SNOW」を、今後、「Snapchat」から乗り換えてエフェメラルSNSのメインとして利用していきたいと考えていることがわかった

 

【調査の実施概要】

                                        

調査名:『エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査』

調査期間 :2016年10月13日(木)~10月14日(金)

調査対象 :スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女2,212名

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 福岡を拠点に活動しているスタートアップ支援組織、一般社団法人Startup GoGo(代表理事 …
  2. 九州工業大学は、北九州市とともに文部科学省の地域イノベーション・エコシステム形成プログラムの採択を受…
  3. 2月16日と17日、大分にて「湯けむりスタートアップサミット 2019」を開催される。 (さ…
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP