話題の“消える系SNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ジャストシステムは、『エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査』の結果を発表した。スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女2,212名が対象。

 

“エフェメラル(消える系)SNS”の認知率は、20代では約5割、30代では約4割

投稿したメッセージや動画などが一定時間を経過すると消えてしまう「消える系(エフェメラル:はかない)SNS」について、42.0%の人が「知っている」と答えた。認知率を年代別に見ると、20代が48.7%と最も多く、次いで30代が38.3%、40代が35.9%。

 

話題の“エフェメラルSNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く  

前回調査(2016年3月調査)では、エフェメラルSNSの利用率1位は「Snapchat」だったが、今回実施の調査では「Snapchat」に代わり、「SNOW」が1位となった(56.1%)。今回、「Snapchat」の利用率は53.5%。

 

4割以上が“エフェメラルSNS”をほぼ毎日利用

エフェメラルSNS利用者のうち、42.0%が「ほぼ毎日利用している」と答えた。年代別に見ると、特に20代は47.5%とほぼ半分近く、30代でも37.8%と4割近くがほぼ毎日利用している。

              

7割以上が、自分で撮影した“エフェメラルSNS”のスクリーンショットを他SNSへ投稿

エフェメラルSNSアプリで自分が撮影した写真を「ほぼ毎回、他のSNSに投稿している」人は38.9%、「写真の内容によって、他のSNSに投稿することもある」人は32.5%で、合わせて71.4%がエフェメラルSNSアプリで撮影したにもかかわらず、他SNSにも投稿していることがわかった。

 

「Snapchat」利用者の約3割が「Instagram Stories」に乗り換え検討

「Snapchat」利用者のうち、27.4%が「Instagram Stories」、25.0%が「SNOW」を、今後、「Snapchat」から乗り換えてエフェメラルSNSのメインとして利用していきたいと考えていることがわかった

 

【調査の実施概要】

                                        

調査名:『エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査』

調査期間 :2016年10月13日(木)~10月14日(金)

調査対象 :スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女2,212名

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 皆さまはFukuoka Growth Nextにある福岡市雇用労働相談センター(FECC)をご存知で…
  2. 福岡県では地域の強みを生かした、また課題を解決する新しいビジネスの創出を目指す地域内外の創業希望者を…
  3. 福岡県主催の「福岡県オープンイノベーションプログラム」が開催される。全国各地どこの企業からも応募可能…
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP