3b57503ff6d0375b673d3944bbe15319_m

大学発新産業創出プログラムにおける新規事業プロモーターユニットが決定

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

JST(理事長 濵口 道成)は、大学発新産業創出プログラム(START)「事業プロモーター支援型」における、新規事業プロモーターユニット代表実施機関(平成28年度採択)を決定した。

大学発新産業創出プログラム(START)とは

STARTの概要・目的

大学発新産業創出プログラム(START:Program for Creating STart-ups from Advanced Research and Technology)は、日本の大学などの基礎研究成果に関し、大学等発ベンチャーなどを通じた新規マーケットへの事業展開が十分に行われていない現状を踏まえて、平成24年度より文部科学省により大学発新産業創出拠点プロジェクトとして創設され、平成27年度よりJSTに移管された制度。

本制度では、事業化ノウハウを持った人材(事業プロモーター)ユニットを活用して、大学などのポテンシャルの高いシーズの事業化を通じて新産業の創出、新規マーケットの開拓を目指す。 大学等発ベンチャーの起業前段階から公的資金と民間の事業化ノウハウを組み合わせることにより、事業戦略・知財戦略を構築しつつ、既存企業にはリスクの負えないポテンシャルの高いシーズの事業化への挑戦を支援する。

 

STARTの構成

STARTは「事業プロモーター支援型」と「プロジェクト支援型」の2つの事業タイプによって構成されている。

 

事業プロモーター支援型

大学等の技術シーズの事業化について、研究開発・事業育成を一体的に推進するため、事業化ノウハウを持った人材を事業プロモーターとして選定し、事業プロモーターが行う技術シーズの発掘やハンズオン支援などの活動を支援。

 

プロジェクト支援型

大学等にて、事業プロモーターのプロジェクトマネジメントのもと、市場や出口を見据えて事業化を目指した研究開発プロジェクトを支援。

 

事業プロモーターについて

 

QBキャピタル合同会社  

代表パートナー

坂本 剛  

地域ではシード・アーリー段階へリスクマネーを供給するプレーヤーの数が圧倒的に少ないためにギャップ(死の谷)を越えることができない大学発ベンチャーや、事業化に至らない有望な技術シーズが数多く存在している。我々は、今まで培ってきた産学連携分野のノウハウ、及び海外・技術系スタートアップへの投資実績・知見を活かし、九州をキーワードに、関連する人材や技術を基にした事業化支援・大学発ベンチャーの創出を目指す。

 

ジェネラルパートナー株式会社        

代表取締役

佐俣 安理       

創業以前からの事業立ち上げ支援を含むシードアーリーステージの豊富な投資・Exit実績や自身の事業立ち上げ実績を基に、事業戦略策定やチームビルディング、アライアンス交渉などを支援する。また、新規トレンドを予測した上でそのトレンドに合致する可能性の高い技術シーズに自ら積極的にアプローチし、プロダクトアウトではなくユーザーの重大な課題を解決可能な製品・サービスを開発することを目指す。

 

ニッセイ・キャピタル株式会社

取締役

髙田 実   日

本生命グループのベンチャーキャピタルとして、20年以上に亘り幅広い領域でベンチャー投資や経営支援を行う中で得た知見や、日本生命グループのネットワークを最大限に活用し、シーズの発掘から事業計画・資本政策の策定支援、人材採用支援、事業パートナー・顧客候補先の紹介等を中心に、事業化に向けた支援を実施する。また、事業化後には、自らも積極的にリスクマネーの供給者として資金支援することで、日本発、大学発で世界に通用するメガベンチャーの創出を目指す。

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. thepitch1
    一般社団法人StartupGoGo(代表 岸原稔泰 福岡市中央区 以下:StartupGoGo)は、…
  2. 2017071002-01-2
    福岡市が新たに始めたスタートアップのアクセラレーションプログラム、「FukuokaStartupSc…
  3. 19756538_374420432972921_7457285278735978622_n
    オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labから早速協業事例が生まれた。タダコピで大学生とのネ…
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP