011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_m

Fintechを、他の人に正しく説明できる人は何パーセント?

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

Fintechと金融サービスに関する調査』結果が発表された。調査対象は20~59歳の男女669名だ(ジャストシステム調べ)

約7割が、現在利用している金融機関に不満に思っている。


68.3%の人が、現在利用している金融機関に何らかの不満を持っていることがわかった。主な不満の原因は、「預金の金利が低い」(27.7%)や「遅い時間にATMを利用すると、手数料がかかる」(24.2%)、「別の金融機関やコンビニなどのATMを使うと、手数料がかかる」(22.1%)が挙げられた。

 



Fintechを、他の人に正しく説明できる人は、5.6%


「Fintech」について、「知っていて、他の人に正しく説明できる」人は5.6%と少数にとどまった。「何となく理解しているが、他の人に正しく説明できる自信はない」人は6.2%、「名前は聞いたことがあるが、詳しくは知らない」人は10.4%で、一般にはまだまだ認知度が高いとはいえないようだ。

 



5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に関心

さまざまなFintech関連サービスについて具体的な内容を説明した上で、利用意欲を確認したところ、AIを搭載したロボットから資産運用の助言が受けられるサービス「ロボ・アドバイザー」を利用してみたいと回答した人の割合は、18.1%(男性は22.1%、女性は13.9%)となった。

 



約3割が、「モバイル決済サービスを利用してみたい」


Fintech関連サービスのうち、最も多くの人から利用してみたいと挙がったのは、スマートフォンなどの専用端末に取り付けて、その場でクレジットカード決済ができる「モバイル決済サービス」(29.3%)となった。

次いで、レシートを撮影したデータや、クレジットカードなどのオンラインサービスと連携し、効率的にお金の出し入れ状況を把握できる「オンラインの自動家計簿サービス」を利用したい割合は26%となった。





 

スタートアップ界隈ではバズワード的なfintechだが、一般への浸透度はまだまだなようだ。また、金融へのサービス要望としてはATMの無料化など身近なものの域をでていない。toCのFINTECHサービスを浸透させるためのブレイクスルーが待たれる。
 

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 2017071002-01-2
    福岡市が新たに始めたスタートアップのアクセラレーションプログラム、「FukuokaStartupSc…
  2. 19756538_374420432972921_7457285278735978622_n
    オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labから早速協業事例が生まれた。タダコピで大学生とのネ…
  3. sp-img-main-03
    インフラのなかでもITに欠かせないものの一つ、電力。中部電力がオープンイノベーションに乗り出した。…
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP