ezukalogo

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストについて

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

今年もe-ZUKAスマートフォンアプリコンテストが開催される。現在応募受付中だ。

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストとは

 e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストは、福岡県飯塚市が開催しているスマートフォン、タブレット端末向けのアプリケーションの開発コンテスト。 2012年度に第1回を開催し、今回で5回目となる。

 

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストの特徴

このコンテストでは、協賛企業及び主催者が出題するテーマに則した作品を、広く全国から募集。

参加希望者は、専用ホームページなどから7月31日までの期間にエントリー。その後の企画書等提出期間中に企画書等を提出する。

協賛企業および審査員による書類選考(一次審査)を経て、2016年9月中に一次審査通過者を決定。最終審査は、2016年11月下旬に飯塚市内で「公開プレゼンテーション及び実機によるデモンストレーション」により審査、各賞を決定する。

各賞受賞者には、グランプリ(最優秀賞)受賞賞金30万円のほか、各協賛企業賞、飯塚市長賞の贈呈などが予定されている。

 

応募資格

個人又は個人のグループ


 

募集するテーマ

  • テーマ1:子育て・学習・趣味
  • テーマ2:生活(仕事)の利便性向上
  • テーマ3:健康・医療・介護
  • その他、先端分野部門

テーマごとに協力企業からサブテーマが設けられている。例えばStartupGoGoでは「ものごとをシェアすることで利便性が向上するアプリ」をサブテーマとしている。

 

飯塚市は九州工業大学情報工学部、近畿大学産業理工学部という2つの理工学系キャンパスを擁しており、「エンジニアの卵の街」としての歴史がある。e-ZUKA Tech Nightなどでその土壌は脈々と受け継がれている。このコンテストも全国から集めるコンテストとして他の自治体とは違った盛り上がりを毎回見せている。協賛企業の顔ぶれをみても、十分参加する価値があることがわかる。興味がある方は、応募締め切りは迫っているがまずエントリーしてみてほしい

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 20170525_kanpai(2___2ページ)
    株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)傘下の株式会社福岡銀行(福岡銀行)と、iBan…
  2. 18492753_1328792857210885_2065572313_n
    昨年12月から行ってきた西鉄オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labのファイナリストプラン…
  3. colab_logo_fixed-02
    一般社団法人StartupGoGo(福岡市中央区 代表理事:岸原稔泰と西日本鉄道㈱では、平成28年1…
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP