f8007853480bcfb15416a99962678e31_m

GMOペパボ、鹿児島県奄美市と地方創生に向けた連携協定を締結。「フリーランスが最も働きやすい島化計画」を推進

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社( 以下、GMOペパボ)と鹿児島県奄美市は、地方創生の推進を目的に連携協定を締結した。今後は両者協力のもと、奄美市の「フリーランスが最も働きやすい島計画」に基づき、インターネットを活用した新たな働き方を提案するとともに、その環境づくりや人材育成を支援する。

連携協定締結の背景

 鹿児島県・奄美大島の拠点都市である奄美市は、場所や時間の制約を克服できるIT関連事業に着目し、2015年より「フリーランスが最も働きやすい島化計画」を開始している。奄美市は民間通信事業者による光ブロードバンド整備を支援するなど、積極的に「情報(ICT)」環境を構築するとともに、民間企業と連携しながら、ICTを活用した仕事機会の創出、定住促進、子育て支援(在宅ワーク支援)などの取り組みを行っている。

 

 一方GMOペパボは、2003年に福岡で創業して以来、インターネットと表現の可能性を追求し、誰もがクリエイターとして活躍できるよう、個人の表現活動を支えるインターネットサービスを提供。また、クリエイターの育成を支援する取り組みにも力を入れている。

 

本協定における今後の取り組み

 GMOペパボが提供するサービスに関するセミナーや勉強会を奄美市内で積極的に開催し、インターネットを活用した新たな働き方の提案および人材育成の支援を行う

 

開催予定セミナー/一例

■2016年7月1日(金)@「奄美市AiAiひろば」

「インターネットで島の可能性をつなげる、ひろげるセミナー」

■2016年7月2日(土)@「奄美市AiAiひろば」

「minne(ミンネ)作家向け勉強会in奄美~minneでの作品販売について~」

 

朝山 毅 奄美市長のコメント

「本市では、昨年度より情報通信技術を活用した新しい働き方支援として、「フリーランスが最も働きやすい島化計画」を策定し、取り組みを進めております。そして、今年度には情報基盤の整備拡充とともに、今般GMOペパボ株式会社と連携し、更なるインターネットを活用した多様な働き方を創出してまいります。この取り組みが、雇用の創出、移住・定住促進、子育て支援など、地方創生の推進に寄与していくことを期待しております。」

 

GMOペパボ 代表取締役社長 佐藤 健太郎氏のコメント

「私たちは2003年の創業より、インターネットを通じた個人の表現活動や情報発信のためのインフラを提供し、個人の可能性を開花させるサポートを続けてまいりました。このたびのインターネットを活用した多様な働き方の創出は、私たちが目指すインターネットと表現の可能性の追求と相通じるものであります。個人の活躍に意欲的に取り組んでいる奄美市と連携して地方創生に取り組むことで、インターネットの可能性の最大化も図れると考えております。」

 

地方への移住を希望する人にとって最大の問題は「職」だろう。地方のなかでも離島は物理的な問題もあり、職を探すのは難しい。そこをITの力で解決できれば地域活性化への道が拓けるだろう。

 

 

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. main
    サウザンドメモリーズなどのモバイルゲームを生み出してきた株式会社アカツキ(以下「アカツキ」)は、20…
  2. 15870620_1303420056398906_983808975_n
    福岡のスタートアップ、thee moment(代表:志気公介)が運営する体験型コミュニケーションプラ…
  3. logo_colab
    一般社団法人StartupGoGo(代表理事:岸原 稔泰、所在地:福岡市中央区、以下 Startup…
2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP