フリマアプリとネットオークションを徹底比較!どう使い分けている?

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ジャストシステムは、『CtoCサービス実態調査』結果を発表した。本調査は、事前の調査で「フリマアプリとネットオークションの両方の利用経験がある」と回答した10~50代の男女1,032名を対象にいている。

10代のファッションアイテム購入は、フリマが64.8%、ネットオークションが46.5%

現在、「フリマアプリ」「ネットオークション」の両方を利用しているユーザーに、「ファッション、ブランド」を購入する際に利用するサービスを聞いたところ、「フリマアプリ」を使う人が63.7%、「インターネットオークション」を使う人が58.3%との結果になった。年代別に見ると、10代は「フリマアプリ」を使う人が64.8%、「インターネットオークション」を使う人が46.5%と利用率の開きが最も大きく、「インターネットオークション」よりも「フリマアプリ」を使う傾向にあることがわかった。

 

20代が今後積極的に出品したいのは、2割がネットオークション、5割がフリマ

今後、「フリマアプリで積極的に出品したい」人は33.3%、「インターネットオークションに積極的に出品したい」人は17.6%、「両方同じくらい使って出品したい」人は47.3%となった。20代に限って見ると、「フリマアプリで積極的に出品したい」人が46.9%と他の世代に比べて最も多く、「インターネットオークションに積極的に出品したい」人は12.5%との結果に。

 

10代のCtoCでの出品は、フリマが7割、ネットオークションは3割未満

フリマアプリで「購入しかしない」人は45.1%、「購入も出品も行っている」人は50.9%、「出品しかしない」人は4.1%。一方、インターネットオークションで「購入しかしない」人は54.3%、「購入も出品も行っている」※2人は43.0%、「出品しかしない」人は2.8%。

10代に限ると、フリマアプリで「購入しかしない」人は33.8%、「購入も出品も行っている」人は63.5%、一方、インターネットオークションで「購入しかしない」人は70.3%、「購入も出品も行っている」は28.5%となった。

 

フリマでは「すぐに手に入れたいモノ」、ネットオークションは「レアモノ」を購入

「すぐに使用したい、手に入れたい商品」を購入する場合に、「フリマアプリ」を使う人は66.7%、「インターネットオークション」を使う人は50.9%となった。また、「購入金額が高くなってもほしいレアもの」は、「フリマアプリ」を使う人が35.1%、「インターネットオークション」を使う人が63.3%でした。

main-17

購入に限ったユーザーはヤフオクを代表とするオークション系とメルカリに代表されるフリマ系をうまく使い分けているようだ。サービスを組み立てる際にはこのような消費者動向はチェックしておくとよいだろう。

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 2017年10月4日に天神、みらいホールにて行われたStartupGo!Go!2017。そのメインイ…
  2. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)はビジネスの力で社会課題を解決したいスタートアップを…
  3. 10月4日(水)に福岡・みらホールにて開催されるStartupGo!Go! 2017のメインイベント…
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP