sub4

日本初の最先端IoTデバイスを集結させたスマートホステル「&AND HOSTEL」が福岡に誕生!

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

日本初のIoT体験型宿泊施設が8月に福岡に誕生する。手掛けるのは株式会社BIJ(以下「BIJ」)と、and factory株式会社(以下「and factory」)だ。

 

また、このプロジェクトについて早い段階からのファン獲得のため6月8日より「Makuake」でクラウドファンディングを実施する。

 

なぜ福岡で?

 

日本のアジアからの玄関口である福岡はインバウンド需要の増加を受けて博多駅周辺において深刻なホテル不足が顕在化し客室単価も上昇傾向にある。 そのような背景のなかホテル利用者の多用なニーズに対応するため、最新のIoT設備を導入し、価格優位性・デザイン性・コミニケーション性を武器に、『宿泊自体をひとつの観光目的とした価値創造』の実現を目指す。

また福岡市は、国家戦略特区として「グローバル創業都市」への成長にかかる取り組みを強化しているところだが、具体的施策のひとつに「IoT開発拠点と規制緩和に取り組む」ことがあげられている点も今回のプロジェクトを成功させる土壌があると考えた。

sub1

 

 

「&AND HOSTEL」とは?

 

近未来のIoT空間を楽しめる体験型宿泊施設。最先端のIoTデバイス開発を行なっている各社の協力の下、10種類のIoTデバイスを組み込んだ客室やダイニングカフェを設置する(IoTデバイスについては後述)。チェックイン/チェックアウトはもちろん、空調管理や観光案内、睡眠管理など滞在中のあらゆるシーンでIoT体験が可能となっている。

個々に開発されたデバイスを1ヶ所に集結させるホテルとして日本初の試みとなる。

また一方で「&AND HOSTEL」をIoT技術開発のテストマーケティングの場として活用し、参画メーカー各社に宿泊期間で得られたユーザーデータをフィードバックする。

さらに九州大学を始め、福岡市を拠点とする研究機関・NPO法人・企業と連携を図り、将来にあるべきIoTプラットフォームの構築や新たなIoTビジネスモデルの創出を目指す。

 

「&AND HOSTEL」の今後は産学官連携を図る。これまでの宿泊施設の概念を超えたIoT実証実験ブランドとして成長させる構想。国家戦略特区である福岡から世界に日本最先端のIoT技術の発信を予定している。九州大学などが協力を表明している。

 

詳細情報は以下公式サイトで順次公開予定。  http://andhostel.jp/

Makuakeプロジェクトページ  https://www.makuake.com/project/andhostel/

 

 

&AND HOSTEL概要

  • 場所:福岡県福岡市博多区
  • 交通:地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅徒歩2分
  • 構造:鉄骨造地上3階建
  • 面積:381.78㎡
  • 宿泊定員:48名
  • 用途:1F:ダイニングカフェ+客室  2F:客室+IoTルーム  3F:客室+IoTルーム
  • 事業主:株式会社BIJ
  • 運営・プロデュース:and factory株式会社
  • 企画・運営:株式会社Free Spirit Japan
  • 設計・施工:有限会社川崎木工、株式会社Good Job Company
  • デザイン監修:design office TERMINAL

 

採用IoTデバイス

 

 

 

iRemocon / 株式会社グラモ

スマホやタブレットと連携できるネットワーク接続型の高機能学習リモコン

sub6

 

Atmoph Window / アトモフ株式会社

お部屋にいながら世界の美しい風景が広がる新しいデジタル窓。

sub2

 

 

Qrio Smart Lock / Qrio株式会社

世界最小の接地面積で様々な条件のドアに取り付けられるスマートキー。

sub9

 

SmartEyeglass / ソニー株式会社

視線を大きく変えることなくハンズフリーで様々な情報を取得できる透過式メガネ型端末。

sub10

 

AR技術協力 株式会社ディー・エム・ピー

SmartEyeGlassを使用した福岡観光ガイドをディー・エム・ピー社と連携し、開発を推進。

sub15

 

スマート宅配BOX®  / 株式会社エスキュービズム・テクノロジー

ボックスにアプリをかざすだけで鍵の開閉ができるスマートな宅配ボックス。

sub12

 

Sleepion / ティ・アール・エイ株式会社

 光・香り・音という3要素により使用者の睡眠をマネジメントする世界初の製品。

sub11

 

スマホを使い、調光や1600万色以上もの調色ができるスマートLED照明。タイマーを使えば光の目覚ましにもなる。

sub5

PlugAir /  Beatrobo,Inc.

イヤホンジャックを通して様々なコンテンツを楽しむガジェットアプリ。

sub8

 

BOCCO / ユカイ工学株式会社

スマートフォンのアプリと連動し気軽にメッセージのやり取りが出来るロボット。

 

sub3

 

MESH  /  ソニー株式会社

様々な機能をもったブロック型電子MESHとアプリにより、「あったらいいな」がカンタンに実現することができる。

sub14

 

 

最新のIoTデバイスを、宿泊と組み合わせることで実際の生活の中で体験することができるこのプロジェクト。開発者サイドとしてもこれまで得られなかったフィードバックが期待できるのではないだろうか。

また、グローバル都市を目指す福岡にとってこのようなプロジェクトが日本初で行われることも喜ばしく、今後の様々なシナジーが期待される。

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 2017071002-01-2
    福岡市が新たに始めたスタートアップのアクセラレーションプログラム、「FukuokaStartupSc…
  2. 19756538_374420432972921_7457285278735978622_n
    オープンイノベーションプログラム、西鉄Co+Labから早速協業事例が生まれた。タダコピで大学生とのネ…
  3. sp-img-main-03
    インフラのなかでもITに欠かせないものの一つ、電力。中部電力がオープンイノベーションに乗り出した。…
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP