スマホで検索をする際に使うのは「Google」?「SNS」?

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ジャストシステムがスマホを所有する10代から50代を対象に行った『スマートフォンでの検索に関する調査結果』を発表した。

 

約3割が、旬な話題は「Twitter」で探す

世の中で話題になっている情報をスマートフォンで情報収集する際に最も利用されるサービスは「Google」(38.1%)、次いで「Twitter」(29.8%)。年代別に見ると、20代から50代はいずれも「Google」が最も多く、次いで「Twitter」の順序となったが、10代のみ「Twitter」(58.0%)が最も多く、2位は「Google」(19.8%)となったが、利用率に大きな開きがありました。

d7597-177-350579-1

流行のファッション情報を「Instagram」で探す女性は約2割

スマートフォンで「流行のファッション情報」を探すときに使うサービスとして「Google」(30.8%)を挙げる人が最も多く、次いで「Instagram」(13.2%)。女性だけに限って見ると「Google」は24.4%、「Instagram」は20.8%で、「Instagram」を活用してファッション情報を収集する女性は2割以上となった。

 

3人に2人が、「課題に対する解決方法」は「Google」で探す

スマートフォンで「課題に対する解決方法」を探す際に最も利用するサービスとして「Google」と答える人が圧倒的に多く(60.9%)、次いで「Twitter」(8.6%)、「Facebook」(5.6%)、「Instagram」(2.9%)となった。

 

検索して表示された対象を「フォロー」することが多いのは「Instagram」

スマートフォンで情報検索した際、その検索結果を「フォロー」する場合が多いSNSは「Instagram」(44.3%)、次いで「Twitter」(43.0%)、「Facebook」(37.2%)となった。特に、20代、30代は「Instagram」をフォローする割合が高く、それぞれ47.2%、46.8%。

 

ビジネス上の知人を探すのは「Facebook」

スマートフォンで「ビジネス上の知人」を探す際に使用するサービスは「Facebook」と答える人が最も多く(26.9%)、次いで「Google」(18.6%)。20代から50代までは「Facebook」で探す人が最も多く、年齢が高くなるにつれて割合も高くなる傾向にあり、40代は35.7%、50代は35.8%。

 

SNSがコミュニケーションツールに留まらず、情報収集のために活用されている実態がわかる。マーケティングを考える際、ペルソナに応じたSNSを選ぶことが重要となる。

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. 福岡県では地域の強みを生かした、また課題を解決する新しいビジネスの創出を目指す地域内外の創業希望者を…
  2. 福岡県主催の「福岡県オープンイノベーションプログラム」が開催される。全国各地どこの企業からも応募可能…
  3. 2018年9月28日、Startup Go!Go! 2018 The Pitchが開催され、予選を突…
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP