0c5273ec73ac0ad939ac150d7414b92e_m

スマホで検索をする際に使うのは「Google」?「SNS」?

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ジャストシステムがスマホを所有する10代から50代を対象に行った『スマートフォンでの検索に関する調査結果』を発表した。

 

約3割が、旬な話題は「Twitter」で探す

世の中で話題になっている情報をスマートフォンで情報収集する際に最も利用されるサービスは「Google」(38.1%)、次いで「Twitter」(29.8%)。年代別に見ると、20代から50代はいずれも「Google」が最も多く、次いで「Twitter」の順序となったが、10代のみ「Twitter」(58.0%)が最も多く、2位は「Google」(19.8%)となったが、利用率に大きな開きがありました。

d7597-177-350579-1

流行のファッション情報を「Instagram」で探す女性は約2割

スマートフォンで「流行のファッション情報」を探すときに使うサービスとして「Google」(30.8%)を挙げる人が最も多く、次いで「Instagram」(13.2%)。女性だけに限って見ると「Google」は24.4%、「Instagram」は20.8%で、「Instagram」を活用してファッション情報を収集する女性は2割以上となった。

 

3人に2人が、「課題に対する解決方法」は「Google」で探す

スマートフォンで「課題に対する解決方法」を探す際に最も利用するサービスとして「Google」と答える人が圧倒的に多く(60.9%)、次いで「Twitter」(8.6%)、「Facebook」(5.6%)、「Instagram」(2.9%)となった。

 

検索して表示された対象を「フォロー」することが多いのは「Instagram」

スマートフォンで情報検索した際、その検索結果を「フォロー」する場合が多いSNSは「Instagram」(44.3%)、次いで「Twitter」(43.0%)、「Facebook」(37.2%)となった。特に、20代、30代は「Instagram」をフォローする割合が高く、それぞれ47.2%、46.8%。

 

ビジネス上の知人を探すのは「Facebook」

スマートフォンで「ビジネス上の知人」を探す際に使用するサービスは「Facebook」と答える人が最も多く(26.9%)、次いで「Google」(18.6%)。20代から50代までは「Facebook」で探す人が最も多く、年齢が高くなるにつれて割合も高くなる傾向にあり、40代は35.7%、50代は35.8%。

 

SNSがコミュニケーションツールに留まらず、情報収集のために活用されている実態がわかる。マーケティングを考える際、ペルソナに応じたSNSを選ぶことが重要となる。

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

ピックアップ記事

  1. czMjYXJ0aWNsZSM1MDkwNiMxNzk3MDIjNTA5MDZfUUtYeVFtc0JsQy5wbmc
    福岡の大学生クリエイター集団「HorseTail」は同名のサービス、HorseTailを開始した。H…
  2. resize
    株式会社オルターブース ( 本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳 ) は、好みの味を選んでオリジ…
  3. スマイルスコア-01
     福岡のスタートアップ、株式会社ホットエージー(本社:福岡市中央区 代表取締役:樋口健介)は…
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP